すかいらーくホールディングス(3197)の株主優待でお小遣いを増やす?最大69,000円の食事券をゲットしよう!

こんにちは。トビー(@tobey_lifehack)です。

皆さんはすかいらーくグループのレストランはどこをよく利用しますか?

すかいらーくグループといえば、「ガスト」、「ジョナサン」、「バーミヤン」など色々な店舗があります。

私がよく使うのは家の近くにあるジョナサンです。

そこで毎回考えるのが、「どうやったらジョナサンの会計が節約できるだろう?」ということです。

たまにポストにクーポンが入っていることがありますが、使えても1回限り。

どうにか他に方法はないものか…。

ありました。ジョナサンでも使えるすかいらーくホールディングスの株主優待が。

調べてみると1年間で最大69,000円の優待カードがもらえるようです。

今回はすかいらーくホールディングスの株主優待について詳細を調べてみました。

すかいらーくホールディングスの株式優待について

株の保有数によって株主優待の内容が変化します。

詳細は以下の通りとなります。

100株以上300株未満保有
  • 3,000円分の優待カード(6月,12月)
300株以上500株未満保有
  • 9,000円分の優待カード(6月)
  • 11,000円分の優待カード(12月)
500株以上1,000株未満保有
  • 15,000円分の優待カード(6月)
  • 18,000円分の優待カード(12月)
1,000株以上保有
  • 33,000円分の優待カード(6月)
  • 36,000円分の優待カード(12月)

一番投資しやすい100株以上300株未満ですが、1,000円の優待カードが3枚で計3,000円の食事券がもらえます。

ジョナサンであれば1回の食事で1,500円ほどなので2回優待で食事をすることができます。

2019/1/29現在で1株1,839円なので100株で183,900円必要です。

ちなみに1,000株所有時の株主優待で69,000円分の優待カードををゲットすることができます。

69,000円あれば46回くらいジョナサンに行けますね!

ただ、月4回ペースでジョナサンに行くことはあまりないだろうな…。

すかいらーくホールディングスの株主優待をもらうためには

すかいらーくホールディングスの株主優待を受けるためには以下の手順を踏む必要があります。

証券会社の口座を開設する

株主優待をもらうためにはすかいらーくホールディングスの株を買う必要があります。

すかいらーくホールディングスの株を買うためには証券会社に口座を開設する必要があります。

私は「SBI証券」、「マネックス証券」に口座を持っております。

「SBI証券」公式サイトへ移動する
「マネックス証券」公式サイトへ移動する

口座開設後に株を購入する

無事に口座を開設できましたらすかいらーくグループの株を最低100株買う必要があります。

株主優待をもらうためには6月または12月の最終売買日に株を持っている必要があります。

2019年におきまして、6月の最終売買日が「6/25」、12月の最終売買日が「12/26」となります。

すかいらーくホールディングスの株主優待の使い方をシミュレーションしてみる

では実際に株主優待をゲットした際の使い方をシミュレーションしてみましょう。

ケース1 3,000円分の優待カードをゲットした場合

私がジョナサンで鉄板と思うメニューの組み合わせは「和風おろしハンバーグ」と「ライス」です。

それぞれ699円、200円なので合わせて899円、税込み970円です。

株主優待でもらった優待カードは3,000円分。

ただ、注意点としましては食事券はおつりがでません。

また、優待カードは500円単位でしか使用することができません。

結果、3,000円の優待カードを使うとジョナサンで3回食事をすることができます。

ケース2 69,000円分の優待カードをゲットした場合

ケース1の23倍なので69回食事に行くことができます。

ただし、優待カードの有効期限が1年なので、月に5~6回行かないと優待カードの有効期限が切れてしまい損をしてしまうことになります。

すかいらーくグループへ行くのに月に1回くらいであれば100株取得して3,000円分の優待カードをもらったほうがいいかもしれませんね。

まとめ

すかいらーくホールディングスの株主優待を調査し、使い方をシミュレーションしてみました。

近くにすかいらーくグループの店舗がある方やよく行く方は株の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

最近CMでおなじみのクーポンを使えば更にお得に食事を楽しむことができます。

スマートニュースで発行できるガストのクーポンで半額のものも出てきてますからね。

ただし、株式投資は株価が下がると損をする場合がありますのでご注意ください。